SEO

ドメインパワーが下がった原因はたった一つ!下がった時の対処法

jajamaru

副業ブロガー兼アフィリエイター4年目。アラフォー手前。SEO2年目で月100万。ちなみに当サイトはSEO全く意識していません。コンサルのご相談はDMまで。

ドメインパワーを毎日計測していると、突然数値が下がることがあります。

これまで順調だったのに、突然の下落でショックを隠せない事でしょう。

結論から言いますと、記事の順位が下がってなければ、何も問題ないということをお伝えしておきます。

ブログを始めたてのころは、ついドメインパワーを意識しがちですが、ブログ本来の目的は「収益化」です。

そして、そのためにはSEOで記事を上位表示させなければなりません。

ドメインパワーで一喜一憂していると、いつまで経っても成長できませんよ!

ということで、ドメインパワーの仕組みや、ドメインパワーを上げるための無意味な施策について紹介していきます。

この記事で書いているドメインパワーの前提

この記事に記載しているドメインパワーの前提は、SEOツールを使用したものとしています。

Google評価によるドメインパワーではありません。

パワーランクチェックツールなどによる、ドメインランクのことです。

じゃじゃまるの美容ブログ

ちなみに私の美容ブログはパワーが54.2で、高いのか低いのかわかりませんが、ドメインエイジも評価基準に入ってるみたいですね。

このツールはブロガーの間で人気の高いツールで、無料で利用することができます。

「パワーランク」とは、当無料SEOツール「パワーランクチェックツール」を提供している株式会社アクセスジャパンが、そのドメインに対する被リンク数や被リンクの質をはじめ、ドメイン取得時からの期間(ドメイン年齢)等、様々なデータから独自のアルゴリズムで算出し、SEO観点でのドメインの強さを数値化したものです。 引用:アクセスSEO対策ツール

ahrefsで測定してみると、、、

UR低い!(泣)

各社で様々な指標があるので、自分が気に入ったところを使用するといいでしょう。

ちなみにahrefsの月額料は99$からです。初心者のうちは使いこなせないので、ブログで月に2万円以上稼げるようになってから契約してみましょう。

ドメインパワーが下がった原因は被リンク

世の中にはドメインパワーを計測するツールが沢山ありますが、何を指標に計測しているのでしょうか?答えは「被リンク」です。

仕組みはよくわかりませんが、クローラーを用いたツールだったり、別のSEOツールのデータを抜き取って計測したりするものもあるみたいです。

どのようなサイトから被リンクを何本貰っているか?で数値が決まります。なぜならば、SEOにおいて被リンクと記事順位の関係性が最も高いからです。

この被リンクが外されると、リンクされていないとみなされ数値が下がるんです。または、SEOツールのバグも考えられます。

記事の順位が下がらなければ気にする必要はありません。

ドメインパワーの上げ方はこれだけ

単純に、被リンクを増やすことでドメインパワーを上げることができます。

  • できるだけ多くのリンクを貰う
  • できるだけ質の高いリンクを貰う

ドメインパワーの数値を上げたいなら、ぶっちゃけこの2つかなと思います。

質の低い海外リンクなどは、さすがに数値が上がりにくいです。記事順位はどうかわかりませんが。

ただ、被リンク貰うのってかなり難しいんですよね。

リンク当ててくださいって言っても、大半が無視です。記事を寄稿すれば、まだチャンスはありますが、手が回りません。

そんな私は被リンクツールを使用しております。

>>スキャットマンPROの被リンク効果は?

関連記事

>>初心者でも被リンクを獲得する方法

こんなドメインパワー対策は無意味

ネット上に蔓延している、無意味な対策について紹介していきます。ドメインパワーは被リンク!

こんな情報に惑わされないでね!

  • 記事の文字数を増やす
  • 記事をひたすら量産する
  • EATを明確にする

記事の文字数を増やす

全く持って無意味です。無意味すぎて頭が痛いです。

SEOツールは文字を読み解くことができないし、文字数をカウントしているという情報もありません。

文字数増やしてドメインパワーが上がるのであれば、私はとっくの昔にドメインパワー100になってますよ!

ちなみにSEO上では、Googleからの評価が、場合によっては良い傾向になります。(ただ文字を増やせばいいというわけではないですが、、、)

記事をたくさん書いて増やす

記事をどんどん増やしても無意味です。ドメインパワーと記事数の関係性については、以下のリンク先で紹介しています。

ドメインパワーと記事数の関係性はある?

E-A-Tを明確にする

SEOで有名な人は「EAT」がどうのこうのあーだこーだ言ってますが。Googleってそこまで賢くありません。ちなみに、EATは食べるという意味ではなく、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)という3つの概念の略です。

Googleガイドライン上、記事の質を上げるにはEATが重要と書かれています。

そもそもEATをどのように数値化しているのか不明。記事に医者って書けば、誰でも医者になれるのかな?

私としては、このEATに関しては、直接的にSEOに関係していないと考えています。

Googleのクローラーはロボットです。機械的にEATを判定できるでしょうか?運営者情報でも見ているのでしょうか?

ワードサラダでも上位表示できる検索エンジンなので、まともに日本語も読めていないんですよ。

ちなみに、美容師ライターさんや薬剤師さんにYMYL記事を書いてもらいましたが、全く上位表示されませんでした。

EATなんて関係ありません。EATは検索エンジンではなく、人に向けて発信するものです。被リンクを貰うための施策であり、結果的に被リンクが評価されているということなんです。

SEOに強いテンプレートはどれも一緒

今時のワードプレステーマは、ほとんどがSEO対策されており、どれもSEOの差はありません。

無料も有料もSEO的にはどちらでもいいです。そもそも、SEOに弱いテンプレートとか聞いたことありません。

デザイン性を重視するなら有料テーマ。無料ならCocoonがあれば十分。

読み込み速度とか、めちゃ早いし機能満載だからおすすめ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

jajamaru

副業ブロガー兼アフィリエイター4年目。アラフォー手前。SEO2年目で月100万。ちなみに当サイトはSEO全く意識していません。コンサルのご相談はDMまで。

-SEO
-,